スキンケアを極めるコツはこすらないことです

「いらない角質はコットンで綺麗に洗い流しましょう。」

というのはよく聞きますが、実はコットンを使って洗顔するのは最悪です。

なぜなら人間にはいらない角質なんてものはないからです。お肌をコットンでこすっている人は、肌にダメージを与えているのと同じことをしてしまっています。

角質が弱くなると、水分を保持する能力も異物が侵入する力も弱くなってしまうのです。

 

それによって原因が乾燥になり、花粉やダニにも反応を起こしやすくなります。

お肌をこすることで色素細胞は活性化してしまい、シミが作られやすくなります。

『角質が健康である=素肌力』を発揮できる

というような図式なので、お肌は再生され続けるのです。

 

また、仕事を終えた角質はターンオーバーにより自然にアカとなって剥がれてくれます。

自然のまま剥がれるのが一番ベストですね。

 

ここまでは美肌を作る方法についてお伝えしましたが、ここからは化粧品や日頃からのケアに何を使うか迷いますよね?

クレンジングオイルは薬局やスーパーマーケットで売っているオイルをそのまま使うことができます。

クレンジングオイルの目的は油性の化粧オイルで浮き上がらせることです。

お肌の構造を壊さないために、余計なものが何も配合されていないオイルを使うことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です